カレンダー

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

じゅんこ♪にメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

あなたとおなじ空のした

~がんばるジュニアくんたちを応援してます~

スポンサーサイト 

CATEGORY【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK -- |  COMMENT --  | 編集

ジャニワ感想① 

CATEGORY【コンサート・舞台

今回ジャニワ自体、初見だったんだけど
あれだね、一度で理解するのは難しいね

わたしはレポで予習をしていくタイプなんだけど
今回さっぱり頭に入らなくて(初見だから)
もう直感で行くことにした

実際、色々と変わってるみたいだったしね

ざっくりとしてはTheジャニーズって感じ
はちゃめちゃなストーリー
フライングにアクロバット
キラキラ
そしてちょっと涙を誘う
わたしはこういうの嫌いじゃないかな
舞台は感動するものだし

じゃあ、感想いってみるか↓


みなさんのレポ見るとホント感心しちゃう
なんでそんなに覚えてるの?ってね

もうあたしはいっぱいいっぱいだったから
しかも曲名とかわからないし
なので、流れは無視して覚えてることを書き出します
ホント順番ムチャクチャだから(^_^;)

まずはあたし(笑)
もう緊張で何も食べられなくて、とりあえず電車に乗らなきゃって
今朝はわりとスムーズに準備できたんだけど
電車に乗ってから空の炊飯器を切ったか記憶なくて
ネットで調べたら例え忘れても大丈夫そうだったので安心
(でも帰ってから見たら切れてた)
そんな感じのスタート

グッズ
あたしはパンフだけ、ひとりで見たいからまだ開けてないけど
あとは娘とそのお友だちに頼まれたファイルとか
ステフォ第一段が出てたよ
スノーマンこれから出るかな~

じゃあいつもの箇条書き感想

1月9日(金)第一部 2階前方下手側より

翔太涼太
・たくさんのジュニアがいる中スノーマンの存在はハンパない
・6人が出てくると引き締まる
・双眼鏡で翔太涼太をガン見もしたけど
・肉眼で6人を見たほうが多かったかな
・だって6人の動きがキレイで見ていて安心なんだもん
・翔太涼太はシンメだったり並んでたり上下だったり
・殺陣の翔太涼太かっこよかったよ~
・お水多いから滑らないように気をつけてた
・ホント真剣でステキだった!経験の積み重ねだね
・ファンカッションは涼太翔太の並び
・これ相当練習しただろうね、紅白のはほんの序の口よね
・翔ちゃんの鼻にだんだん力が入ってくの!
・ブレイクダンス、翔太涼太もウインドミルしたよね?
・あれ?自信ないや
・宮舘くんが翔ちゃんに足をかけてバク宙したあと
・2人で笑いあってた~
・いいもん見ちゃった!たぶんあたしにやけてた(笑)
・フープフライングは上下
・なんか落ちちゃいそうで怖かった、でもここもにやけてたはず(笑)
・そうそう、もう裏方は卒業なのかな
・無所くんたちに引き継いだのね
・立派になられて、あたしは嬉しいですよ!
・もうあたしの脳みそ限界
・とにかくスノーマンは存在を楽しんでた感じ
・いるだけで華やかでした!

ホントこんな感想しか書けなくて申し訳ない
見たい人がいっぱいで(笑)
あとはすっかり記憶がぶっ飛んでしまって
なんでかというと・・・

お見送りが宮舘くんだったから!!

キタ!キタ!もうあたし今年の運を使い果たした!

もうぶっちゃけここが一番の緊張ポイントだった(笑)
そんなのなくていいよ~って思いと
なくならないで~って思いと
もうなるようになれ~って半分ヤケクソになってた

で、いざ出るときに右か左かで迷って
迷い過ぎて頭クラクラしてきたから
よし!入ってきた扉にしよう!って右を選択
2番扉かな
何かみんな躊躇してて、そりょそうよね
人がやたら空いてたの
でも、もう行くしかないって階段下りたら
扉と扉の間の暗闇に白上下の人が!
暗くて見過ごすところだった
っていうか少し通り過ぎたし(笑)
「ありがとうございました」って声で宮舘くんと判明!
ちょっと!ちょっとちょっと!
あたし当たりだよね!当てちゃったよね!
この流れほんのコンマ何秒なんだけど
もうかなりパニクった
でとっさに出た言葉が「宮舘くんステキでした!」
ってアンタなに告ってんだよって話
でも笑顔でまたお礼してくれたんだよ!
いや、あれはボクの隣りどうですか?ってことかしら
だって白上下だったし
王子っていうより新郎だったもん!
もうさ立ち姿が凛としてて
テレビで見ると小さい?って思ってたけど
ぜーんぜん、大きかった~
暗闇なのに輝いてた~
ちょーオトコマエだった~

とりあえずそのあとトイレに駆け込んで
地団駄踏んで、クルクル回って、感情抑えられなくて号泣した

ああ~いま思い出してもヤバい
なんか恥ずかしい
でもきっとあたしたちは出逢う運命だったのよね←

で、迷ったあげく選ばなかった左の3番扉は
翔ちゃんだったらしい・・・
これも運命なのだろうか(泣)

どっちに行ってもあたしは壊れたんだろうけどね

宮舘くん、こんなおばちゃんにありがとう!
でもあなたの前では乙女ですよ(笑)

うわっすごく長くなったから 
一旦ここでアップ!


スポンサーサイト
TRACKBACK -- |  COMMENT --  | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。